アイスコーヒー

インスタントを使ったアイスコーヒーの作り方!【簡単に出来る!】


美少女さん

「インスタントコーヒーを使ったアイスコーヒーの作り方を知りたいな!
ついでに氷なしでの作り方や、美味しいままで保存できる保存方法も知りたい!」

今回はこんな要望に応えます。


こんにちは、イキルです。
私はコーヒーが非常に大好きで、暇があるとついついコーヒーを飲んでしまいます(笑)


そこで今回は、どこの家庭にもある、「インスタントコーヒー」を利用して、美味しいアイスコーヒーを作る作り方を紹介していきます。


ちなみに写真付きで紹介します(笑)。


また、大量に作る方法や保存方法、氷を使わない方法など色々な作り方も合わせて紹介するので、やってみて下さい!


ではいきましょう。


筆者について

筆者は年間2000杯以上のコーヒーを飲むフリーターの男です(笑)

たまに飲みすぎて頭痛になるも、コーヒーだけは辞められない!



粉末のインスタントコーヒーを使った美味しいアイスコーヒーの作り方!【簡単に出来ます!】

粉末のインスタントコーヒーを使って、おいしいアイスコーヒーを作る方法を紹介します。


実際に作ったときの写真も張っておくので結構分かり易くなっていると思いますよ!




必要な物

必要な物は以下の通りです。

必要な物

  • 耐熱グラス
  • インスタントコーヒーの粉末…2g程度
  • >お湯…100ml程度
  • 氷…適量
  • ミルク…適量


これだけです。
超シンプルですね!


インスタントコーヒーの粉末を使ったアイスコーヒーの作り方

では、アイスコーヒーの作り方を紹介します。

グラスを用意します。


容器は耐熱グラスにしておきましょう。
耐熱グラスが無い場合には、マグカップでも良いですよ!


熱湯を使うため、普通のグラスだと割れてしまうおそれがあるので注意しましょう。

インスタントコーヒーを耐熱グラスに入れます。


スプーン一杯ぐらいでちょうどいいですが、濃いめが好きな場合はもう少し多めに入れても良いでしょう。


粉末の量は好みで調節しましょう。
一般的には2gぐらいが適量です。

お湯を沸かしたら、少量をグラスに入れて、スプーンでかき混ぜます。


この時にダマにならないようにしっかりと溶かし切るのがおいしく作るコツです。
この工程を挟むかどうかで、コーヒーの味の深みがだいぶ変わります。


インスタントコーヒーの商品によっては、冷水でも溶けるぐらい溶けやすいものもあるようです。


ただ、スーパーで売っている安いものの場合は上手く溶けないので、この工程を挟んだ方が良いですよ!


しっかりと溶けきったら、残りのお湯を入れます。
ここまでで、濃いめのホットコーヒーが出来ました。

最後に氷を適量入れて、アイスコーヒーの完成です!



好みでミルクを入れても良いでしょう。


ちなみに私は少量のミルクを入れた方が好きです!
一日に何杯もコーヒーを飲むと、お腹が緩くなってしまったりするんですよね…。


牛乳を入れると多めに飲んでも大丈夫なので、積極的に入れるようにしています。
簡単にできるので、やってみてはいかがでしょうか?



ブレンディーを使った作り方

ブレンディースティックのようなスティックタイプのインスタントコーヒーもありますよね。


そういったタイプのものを利用する場合でも、作り方はほとんど同じです。


ちょっと濃いめになるようにお湯の量を少なめにして、最後に氷で調節すれば、おいしいアイスコーヒーになりますよ!

おいしいアイスコーヒーが出来るのでやってみてはいかがでしょうか?




【番外編】コーヒーメーカーを利用したアイスコーヒーの入れ方を紹介します。

粉末のインスタントコーヒーを使ったアイスコーヒーの入れ方を紹介しました。


他にもコーヒーメーカーを使ってアイスコーヒーを作る方法もあります。
番外編として、コーヒーメーカーを利用したアイスコーヒーの作り方も紹介しておきます。



通常のコーヒーメーカーを使う場合の作り方。

自宅にあるコーヒーメーカーです。
家では、『シロカ』のシルバーを使っています。


音も意外と小さくて、めちゃくちゃ便利ですよ!
ドリップされたコーヒーは普通においしいですし、値段以上の価値は100%あります。


値段も手ごろなので、結構おすすめです。



取り合えずドリップします(笑)



ちなみに、通常の濃さでドリップすると氷を入れたときに薄くなってしまうので、「アイス」という専用のドリップをします。


最近のコーヒーメーカーはアイスも作れるようになっていることもあるので、確認してみて下さい。



ドリップが終了したら、先ほども出てきた耐熱グラスに氷を入れておき、コーヒーを注いだら完成です。



私の場合は、最後にミルクをちょっと入れて、完成です。

非常に簡単ですね。



ネスカフェバリスタを使ったアイスコーヒーの作り方。

有名なコーヒーメーカーにネスカフェバリスタという機種があります。

持っている人も多いかもしれませんね。


ネスカフェバリスタでアイスコーヒーを作るのは非常に簡単です。
概要だけ書いておきますね。

ネスカフェバリスタで作る手順

  1. 耐熱グラスに氷を入れておく
  2. 電源ボタンを押して起動する。
  3. エスプレッソボタンを押す。


これだけでアイスコーヒーができます。


エスプレッソボタンを押すのが肝で、これを違うものにしてしまうと薄味になってしまいます。
そこだけ注意しましょう。




インスタントを使って、氷なしでアイスコーヒーを作る方法。

美少女さん

氷が無かったから、氷なしでもアイスコーヒーを作る方法を教えて欲しいな!


こんな時のために、氷なしでアイスコーヒーを作る方法を紹介します。


インスタントコーヒーを使って氷なしでアイスコーヒーを作る方法はいくつかあります。
一番おすすめなのは、冷水で大まかに冷やしてから、冷蔵庫で更に冷ます方法です。


手順は以下の通りです。

氷なしでアイスコーヒーを作る手順

  1. まず普通にホットコーヒーを作ります。
  2. ボウルなどにドリップしたコーヒーをカップ事入れ、水が入らない程度に冷水を入れて冷まします。
  3. 冷蔵庫(冷凍庫でも良いかも)に入れて20~30分ぐらい待つ!


この手順で氷なしでもアイスコーヒーを作ることができます!


他にも方法や詳しい解説があるので、以下の記事も参考にしてください。

関連記事
インスタントコーヒーを氷なしでアイスコーヒーにする方法!メリットもあるよ!





インスタントでアイスコーヒーを大量に作る作り方『一リットル作る!』

アイスコーヒーを大量に作る作り方を紹介します。


必要な物は以下の通りです。

必要な物

  • 水…大体700~800ml(氷で増えることも考える)
  • 氷…適量
  • インスタントコーヒー…約10g(スプーンで5杯程度)
  • 耐熱グラス(容器は耐熱で無くてもOK)


これらを使って作ります。


細かい作り方は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事
インスタントのアイスコーヒーを大量に作る作り方!1日分まとめて作る!




インスタントコーヒーでアイスコーヒーを作り置きする時のコツは?賞味期限も知りたい。

アイスコーヒーを作り置きする時に、何かコツはあるのでしょうか?


結論から言うと、インスタントコーヒーでアイスコーヒーを作り置きするときのコツは容器にあります。


選ぶべき容器は、空気と接する面積が少ないような密閉された容器です。


容器にこだわるべき理由は二つあります。

容器にこだわるべき理由

  • コーヒーの酸化を避けるため。
  • そもそもお湯自体が空気に触れていないほうが良いから。

この二つです。


酸化については後ほど解説しますが、コーヒーは空気に触れていていい事が無いので、密閉された容器を使って、冷蔵庫で保存しましょう。


賞味期限については、大体2~3日を目安に飲み切ってしまった方が良いでしょう。
詳しくは以下の記事で解説しています。

関連記事
インスタントコーヒーでアイスコーヒーを作り置きする時のコツは?



インスタントでアイスコーヒーを作る時に知って置きたい「水」の知識。

インスタントコーヒーでアイスコーヒーを作ろうと思った時は、基本的には天然水を使ったほうがおいしくなります。


おすすめは、サントリー天然水です。



ただ、どうしても水を買うのが嫌だという場合は、水道水でも十分代用できます。


その場合、カルキ抜きをしっかりと行わないと、味が悪く体ににも悪いコーヒーになってしまう事も考えられます。


以下の記事で、カルキ抜きの方法や水の硬度などの情報をまとめたので参考にしてください。

関連記事
インスタントでアイスコーヒーを作る時に知って置きたい「水」の知識。



【酸化に気を付けよう】インスタントコーヒーでアイスコーヒーを作ったら冷蔵庫で保管するべし。

インスタントコーヒーとはいえ、酸化には気をつけておいた方が良いでしょう。


コーヒーが酸化すると、飲んだ時にのどがイガイガしたり、味が落ちたりしてしまいます。
酸化は空気や光、湿度や温度によって進行します。


そのため、容器に関しては作ったアイスコーヒーも元の粉末も、両方とも密閉した容器にしまうことが一番良い対策になります。


保存場所に関してですが、作ったアイスコーヒーを保存する時は冷蔵庫にしまっておいた方が良いでしょう。


逆に、粉末はむしろ常温の方が良かったりします。
これは、冷蔵庫を開けるたびに結露が生じてしまい、インスタントコーヒーの粉末がしけってしまうのを防ぐためです。


作った後のコーヒーは雑菌などの心配があるので冷蔵庫で保管することが必須ですが、粉末は酸化を防ぐために敢えて常温で保存しておいたほうが良いでしょう。



終わりに

今回は、インスタントを使ったアイスコーヒーの作り方を紹介しました。


この手順通りに作ればおいしいコーヒーが出来るので、ぜひ試してみて下さい!

-アイスコーヒー

© 2021 coffeeでホットなひと時を Powered by AFFINGER5